僕、マッチョになりたいんです

週2回の筋トレで生きていく

筋トレを始めて変わったこと【筋トレ】

こんにちは('ω')ノcheesekです

 

筋トレを始めたのが大学を卒業して、フリーターをしていた時のこと。あまりにも暇でお金もあったのでとりあえず週1の筋トレをし始めてもう3年が経ちました。筋トレも趣味として定着し、トレを始める前と後で変わったことを紹介したいと思います

f:id:cheesek711:20170316204958j:plain

 

1.筋肉がついた

まず1つ目は筋肉がついたということです。服のサイズが当時はS-Mくらいでしたが今はMーLと1-2サイズアップしました。Sなんかもう着たらはち切れそうです( ´∀` )

 

2.筋肉がついて注目されるようになった

筋トレ歴3年にもなると、筋肉を隠そうとしても隠しきれないです笑目だとうとしなくても目立ってしまうデカさ、オーラ、異質さ、、、

 

おもしろかったのは、「ボクシングの雑誌に出てませんでしたっけ?」って聞かれたときです。僕は格闘は一切やっていないのでびっくりしました。

 

「なにかやってたんですか?」って聞かれると

「昔、軍隊でちょっとね、、、、」

「え!ほんとですか!すごいですね」

「いや冗談だよ笑」

というのがお決まりの駆け引きです。

 

3.謎の自信がついた

筋肉がつくと謎の自信がつきます。3年間、週に1度自分闘いながら造成してきた筋肉の鎧。日本人は筋トレを本気でしている人が少ないから、自分の戦闘力がどんどん上がっていくのがわかりやすいです。

 

こいつには勝てる、あいつにも勝てる、、、、あ、、こいつはどうかな?とか筋肉を見てある程度判断できるようになります。

 

女子も注目しているような錯覚にも陥いります。自己陶酔、、、いや本当かもしれません

 

実際に筋トレをすると、高揚感を味わうホルモンが出たりするのでそういう状態になるのかもしれません

 

4.太らなくなった

この食べ物は、太る、太らないの区別ができるようになるので自然と太らなくなります。筋肉量の増加による代謝量のUPで太りにくくもなっています。

 

5.体が軽い

筋肉の出力が上がるので、日常生活の動作がとても楽です。いつも100kgレベルのバーベルをかついでるので歩いたり走ったり、箸を持つのがとても軽いです。

 

6.話のネタが増える

筋トレおよびボディメイクをすると、ダイエットのことや栄養のことに詳しくなります。体の仕組み、変な筋肉の名前も覚えます。

 

特にダイエットのことは万人が興味のある内容なので、色々聞かれたり、話のネタが増えて会話が楽しくなります

 

7.まとめ

どうでしたか?cheesekは最初週1回の筋トレ。現在は、週2の筋トレで、しかもメニューは過去の記事を読んでもらうとわかりますが、かなり少なめです。これには理由があってcheesekは生涯筋トレをしようと思っているからです。一生やると想定した場合、途中でやめずに自分が受け入れることのできる負担は?と問うた場合に許すことができる最低限のメニューを行っています。

 

週2で、トレも1時間以内に終わります。それだけで大丈夫なの?って思う方もいるかもしれませんが、しっかり筋肉は成長してベンチプレスは120kgまで上がりました。

 

他の方に比べたら成長スピードは遅いかもしれませんが、cheesekの場合筋トレが究極的なゴールではなく、筋トレから広げられる世界を大事にしているからこのような方法をとっているんです。