僕、マッチョになりたいんです

週2回の筋トレで生きていく

筋トレをやらなくなった場合ののデメリットを考えてみた

こんにちは(^^)/cheesekです

 

3日間出張に行っていました。そっちのほうでは普段会うことのない社員と会う機会があるのですが、「cheesekさん背筋すごいですけど何かやってたんですか?」とか「服ぱっつぱつやな鍛えとったん??」とか嬉しい質問をされてきました。

 

僕は「実はインターハイで、、、、」とか「昔自衛隊でちょっとですね、、、」とか適当なことを言ってすごいぞ感を漂わせてきました。

 

しかし実は今はあまりコンディションがよくないんです。というのもcheesekは5日ほど前から風邪をひいてて、胸のトレーニングなんか2週間近くやってないことになるかもしれません。風邪が完治したらもちろん筋トレを再開するつもりなのですが、もしこのまま風邪が治ってもトレーニングを再開しなかった場合、その損失は大きなものだなと思ったので書こうと思います。

 

1.見た目が変わる

f:id:cheesek711:20170519223449j:plain

今のところめちゃくちゃ細くなったとか、そういうのはないのですが、このまま筋トレを長くしない状態が続くと確実に筋肉が落ちます。cheesekはよく歩いていたりすると、会社の女の子にもcheesekさんてスタイルいいですよね。とか姿勢がよくていいですねとか言われます。もし筋トレをしなくなれば、肩回りが痩せて、お腹が出て、お尻もタラーンとしてしまい、見た目の美しさが損なわれてしまいます。

 

2.人に覚えられにくくなる

f:id:cheesek711:20170519223502j:plain

筋肉が落ちれば冒頭にあるような、「なんでそんな筋肉あるの?」っていうコミュニケーションがなくなってしまいます。今回の場合は話しかけずとも筋肉があることで話しかけられそれが話題にもなりました。つまりなんの労力を使わずとも覚えてもらえたのです。うちの会社のマッチョといえばcheesekだと。もしマッチョじゃなかったら話のきっかけは生まれなかったことでしょう。

 

さらに言えば僕は会社の上役の人ともその話題で盛り上がることもあります。マッチョで無くなることで出世に影響するかもしれません。

 

3.仕事のパフォーマンスが落ちる

f:id:cheesek711:20170519223518j:plain

cheesekはドラッグストアで働いていますが、ドラッグの仕事は、結構体を動かすことも多いです。仕事の中にも筋トレの効果が生きてきています。日ごろ100kgの重りを持ち上げるというありえない環境にいるcheesekは栄養ドリンクのケースを持つことなどたやすいことです。筋トレをしなくなれば体力が低下し、支障がでてきてしまうでしょう。

 

4.趣味がなくなる

f:id:cheesek711:20170519223532j:plain

筋トレをしなくなったら、そう!趣味が減るんです。大体休日はジムに行くのですが、それが無くなるというのはぽっかり時間が空いてしまうのです。もしかしたら他の趣味ができる、ということもありえるのかもしれませんが、筋トレはとても建設的な趣味です。趣味が充実しないというのは、すなわち人生の質の低下にもつながるので、幸福度自体が下がるという緊急事態になってしまいかねません

 

5.今までの自己投資がすべて無駄に

f:id:cheesek711:20170519223545j:plain

今まで筋トレに、時間、お金、気力、いろいろなものをささげてきました。筋トレを半年もしなければ、ついた筋肉は完全に風化してなくなってしまうことでしょう。そうしたら過去のそうしたものがすべて無駄になることになるかもしれません。僕は何度も主張していますが、筋トレは細く長く、無理せずにが一番いいので続けることが一番大切なのです。

 

6.不健康になる

f:id:cheesek711:20170519223558j:plain

もう目に見えていますね。筋トレをしなくなれば不健康になります。僕は学生時代はテニス部の幽霊部員でした。特にスポーツなどもやってこなかったので、体重が96まで増えるという惨劇を起こしてしまったのです。筋トレをやらなくなればその状態の再来です。

 

外人が冬でも半袖でいれる理由は、筋肉が多いからという説もあります。体温が高いというのは健康面で大きなアドバンテージです。生活習慣病にもなりにくいし、とにかく筋トレは続けましょう